So-net無料ブログ作成

苗場 SL 〔FIS World Cup Alpen 2015-16〕 [スキー]



10年ぶりの日本開催、苗場では41年ぶりとなった、ワールドカップ。
勝利したのは、フェリックス・ノイロイター(ドイツ)。41年前の大会で2位表彰台に上がったのは、父クリスチャン。その前の1973年大会で3位も獲得している。J-SPORTS実況の吉田さんはそれをネタに苗場大会を楽しみにしていたので、現場実況では大いにそのネタを振りまいたことでしょう。
しかーし、NHKでは全く触れられず[むかっ(怒り)] ←あ、スポーツニュースね・・・

実行委員会がどれだけNHKにお願いしたのかわからないが、全く盛り上げに欠けるテレビ放送となってしまったこと、NHKがアルペンスキーの何を伝えたかったのかがわからないことが、とても残念でならない。
←あ、スポーツキャスターね・・・

来年は、J-SPORTS様でお願いします。

ヒルシャー片反で、クリストファーセンのSL総合は決まり?ですよね?

FIS World Cup Alpen 2015-16 Naeba, Yuzawa/Japan [スキー]




ものすごく楽しみにしていて、現地には行けないけれど、いつものJ-SPORTSで・・・


あれ?放送予定がない?
シュラドミングのときに、確かに放送予定は出なかった・・・
「なし」なら「なし」で、事前に教えてよ!

で、お金にモノを言わせて買い取った、国営放送・・・BSだけ?再放送なし?地上波でやろうよ・・・
で、そこまで意気込んだのに、ニュースのスポーツコーナーで一切触れず・・・
これは、SAJも一言モノ申していいのでは?
こういう姿勢だから、競技が発展しないんだよ!

全然わかってなくない?

J-SPORTSさん、録画でいいので放送を期待しております!!!!!

Adelboden [スキー]



僅差で面白い。選手によって得意・不得意があるのも面白い。
アーデルボーデンなら、緩斜面→斜面変化→急斜面→中斜面。で、今回は、気温が高く多少雪が緩い。
きれいなバーンではタイムが出るコロシロフ(1st_1位)は、2ndではやや苦戦。
急斜面からゴールへのスピードが上手く繋がらなかったヒルシャー。
緩斜面で抑え気味にして、2回の斜面変化でのミスをしなかったクリストファーセン。

見応え、多し!

シングルポール? [スキー]



雪不足ではなく、降雪が遅いらしく、序盤のレースはキャンセルやりプレイスが続いている様子。
スラロームはようやく今シーズン初戦・・・

アルペンスキー競技のコースは、赤・青の旗門の「間」を通過するのだが、
(誰が言ったか知らないが・・・)
「イン側だけでいいっしょ?」
ってことで、部分的に「シングルポール」なるものが適用された。
その餌食となった(みたいな)のが、日本・湯浅直樹・・・間違えないように、気をつけましょう!

結果は、終わってみればいつものメンバー?
ヘンリックが二人にどこまで喰らいつけるか?
湯浅の優勝はあるのか?

なかなか見応えのある開幕戦でした。


開幕! [スキー]



さて、準備!準備!

今年は、アレ!

まだあるかなー?

マジかー [スキー]

これを、1ヶ月も知らなかった・・・なんて、どんだけ日常からかけ離れている生活をしているのか・・・



とは言っても、人間・・・歳はとるもので、37歳とはいえ衰えは感じる。ましてや、スキーというスポーツは、その肉体の維持以上に、動体視力が重要。スピードが絶対的な要素を持つスポーツでは、1秒以下の時間の判断の遅れが致命傷になる。
それでも、先シーズンのGSで表彰台に上がっていることは、やはり一流。

お疲れ様でした。


参加することに意義がある [スキー]

競技時間、会場、設備など様々な条件があるにせよ、

世界中の全ての国と地域に出場枠「1」を確保している国際スキー連盟(FIS)こそ、オリンピックにおいて賞賛されるべき存在だと思う。

ある程度の技量がないと危険を伴う、滑降(ダウンヒル=DH)、スーパー大回転(スーパージャイアントスラローム=SG)などは別として、大回転(ジャイアントスラローム=GS)には109人、回転(スラローム=SL)には117人がエントリーした。

これこそ、オリンピック!!!

2014-02-15 [スキー]

気がついたら、2月になっていて、気がついたらオリンピックが始まっている・・・いつものパターンPARTⅡ

なかなか下馬評どおりいかない、メダル獲得は期待の薄いところから出始め、ようやく本命が1つゲット!羽生選手!すんばらすぅい!!!

さて、ウインタースポーツの華で、最もメジャーなのはアルペンスキーですが、
日本の注目度は、スケートに遠く及ばず、カーリングにすら手が届かず、フリースタイル・ノルディックなどのスキー勢にも追従されない報道ばかり・・・→つまりは、誰も話題にしない。

確かに、出場予定が男子スラロームだけで、エース湯浅は骨折明け、佐々木明はスタート順次第で微妙ライン。優勝候補はオーストリー勢を中心に複数いて、そこに付け入る隙はなさそう・・・なのが事実。

しかーし、テリー伊藤さんだけは湯浅のメダル獲得を予想してくれた。
さすがわかる方はわかってらっしゃる!そう、ここ、可能性あるんです。

そして、ウインタースポーツの華だからこそ、最終日なのです。

期待↓
naokiyuasa_bormio_14.jpg
また、同じこと言ってるな・・・オレ・・・

3位 表彰台ですよ・・・ [スキー]

どっこにもニュースになっていないので・・・

http://www.fis-ski.com/pdf/2013/AL/0724/2013AL0724.pdf


アルペンスキーのワールドカップで、日本人としては5人目の快挙!!!!!

岡部哲也さん、川端絵美さん、木村公宣さん、佐々木明選手に続く!!!!!

yuasa madonna 12.jpg

「え?不安?」も3位までで、まだ頂点はないですから、雪上のF1といわれるアルペンで優勝して欲しいです!


地上波で放送していらっしゃる、ふぃぎ・ふゅぎ・・ふぃぎ・・・より、永島キャスターが噛まないと思うし、
スカッとしてわかりやすくていいんだけどなー


スキーもまだ捨てたもんじゃないですよ

3-11 [スキー]

今日は、いい天気でした。
ちょっと新雪があったのか、表面が柔らかい、豚骨ラーメンでいうところの「硬め」?といったところか?
バリ硬のほうがやっぱりいいかな・・・
201203111100000.jpg



未曽有の大震災から、1年。

平和に暮らせることに、 感謝しよう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog