So-net無料ブログ作成
検索選択
モータースポーツ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ストーブの恋しい季節が近づいてきた。 [モータースポーツ]



山が動きました。

MAP/ハミルトン/ロズベルグ
RBR/リカルド/クビアト
STR/フェルスタッペン/(サインツ)
SFM/ライコネン/(ベッテル)
MH/(バトン)/(アロンソ)
WMR/マッサ/ボッタス

さて、どうなるか?

FIA Formula E [モータースポーツ]

INDYCARも終わり(早っ[あせあせ(飛び散る汗)])、今シーズンの楽しいレースももう終わり・・・なんて寂しい思いをしてたら、

忘れてましたっ[exclamation×2]

ASA.jpg

どんなレースになるのか楽しみ[ぴかぴか(新しい)]


ところで、「え?不安?」というレースらしきものまで、地上波テレビ放送がナイこの頃ですが、このフォーミュラEはテレビ朝日で地上波しかも生中継だそうで・・・
気になるのは、解説・実況をだれがやるのか?
これで結構、伝わり方が変わるから・・・変な方向に行かないことを切に願います。

報ステ繋がりで、古舘さん?(フジっぽい?)
進藤アナ?(無難)
解説・全く想像がつないけど、由良さんが無難・・・あ、小倉さんがいいな。

意味もなく、松木さん・修造さん???ナビゲーターが川平慈英!クゥーッ!!!(←これはダメ)

何が面白いかって? [モータースポーツ]

身の回りに対して話題性がないものの、流行り廃りに敏感な世の中はブラジルワールドカップで盛り上がり?プロ野球交流戦で盛り上がり?

国内自動車レースはHがイマイチ過ぎて、全く盛り上がらない?

国際自動車レースは、ベンシが独走で盛り上がらない?
→そうでもなくて・・・とある人々は「セナVSプロスト再び」並にハミルトンVSロズベルグを煽っている。
(14年前・・・)
team1.jpg
(現在)
LHNR.jpg
でも、予選1位2位からの優勝2位の話で、レースをよくわからない人には、この煽り方はわかりにくいね。


その一方でで、予選19位から優勝(しかも賞金2億!)という夢のレースは、最後の最後こそ2台の争いだったが、残り7周でも5台以上にチャンスがあったはず。
こっちのほうが俄然面白くてわかりやすいと思う今日この頃です。
2014_INDY500_LHR.jpg

フェラーリに2度呼ばれた男 [モータースポーツ]

スクーデリア・フェラーリとは、イタリア自動車のそしてF1界の代名詞的存在であり、その一員となることはそれ相当の成果を望まれる。結果が出なければ、結果が出なくなれば、ゴミのように捨てられる。それは、あのアラン・プロスト然り、ナイジェル・マンセル然りである。
そして彼らが二度とスクーデリアに呼ばれることはなかった。

そんな「定説」に反した(きっかけは決して彼らの意思ではないが)者が2名。

Gerhard Berger
F187.jpg
1987年に加入時は、フェラーリという会社の創設者であるエンツォ・フェラーリに指名された最後のドライバーで、加入初年度に2年ぶりの優勝をチームにもたらす。
2度目は1993年、そして翌1994年に4年ぶりに優勝をもたらすなど、「フェラーリを2度復活させた男」となり、記憶に残る。


「ベルガーだから・・・」という話は、誰もが言ってはいたが、

2014年、二人目誕生!
Kimi Raikkonen
F2008.jpg
しかもスクーデリアでワールドチャンピオンを獲得している。
チームメイトもワールドチャンピオン!

2014年は午年!

干支は漢字圏の文化(慣習?)らしいが・・・誰かマラネロに教えてくれ!
あ、浜島さんがいるか・・・

おめでとう!感動した!(←小泉かっ) [モータースポーツ]

これほどシビれるレースは、[モータースポーツ]・・・や、F1とかINDYCARとかにもありましたけど・・・ どうやって、見ようかという衝動に駆られながら、結局はリアルタイム文字情報で把握することに・・・

http://www.superformula.net/sf/race/2013/1307/r2review.shtml

異国の方々が不在で、得られたもの、
小暮、伊沢、塚越を差し置いて、追い越して、獲ったもの、

賛否両論あるかもしれないが、ルールに則って、獲ったものに違いはない。

胸を張ろう!!!


そして、近い将来の世界で戦うシートのために、また明日からがんばろう!!!


2013年11月10日、  とても良い日だったぜ。

NY 2013 suzuka final 2r03.jpg
おめでとう、尚貴[手(チョキ)]
ありがとう、尚貴[手(パー)]

2007年 カナダGP [F1 デキゴトロジー] [モータースポーツ]

2007年のF1シーンでも秀逸だったグランプリとして覚えている方も多いはず。

「注目の、脅威の」などど形容されたルーキー、ルイス・ハミルトンキャリア初優勝を成し遂げたのが結果であるが、その過程ではなく、その節々で起こったことが個人的には秀逸だと思っている。

まずひとつめは、ハミルトンが勝ったこと。
2年連続王者、フェルナンド・アロンソがマクラーレン移籍を決めたあと、規定路線ながら秘蔵っ子・ハミルトン起用が発表されたが、アロンソとしては軽~くあしらってやるつもりが、ほぼイーブンで戦わなければならなくなるシーズンを象徴するかのような、ルイス初優勝だった。

ふたつめ。
ロベルト・クビカ(BMWザウバー)の大クラッシュ
モノコックだけになってしまったが、現代F1テクノロジーの優秀さが証明される格好となった。

みっつめ。
佐藤琢磨(スーパーアグリ)がアロンソをコース上で抜いたこと。
後方に埋もれてしまったが、幾度となく出動したセーフティーカー導入を巧みに利用した。それは、ワンメイクではあるが、2種類のタイヤを使わなければならないルールを、セーフティーカー出動中に消化し、不利なほうのタイヤでの周回を最小限にしたこと(F1は、これでも義務消化となるが、同じルールがあるインディカーではグリーンフラッグ中で2周以上履かなければならない)。その結果、最終スティントで、セーフティーカーに翻弄され、最終的にタイムの上がらない格上マクラーレンのアロンソをオーバーテイクすることになる。

そして、極めつけの「秀逸」シーンは、
日本のテレビフジテレビ)の実況解説陣は(地上波・衛星とも)完全に琢磨応援モード(正しい)で、W寿一さんと片山Uさんは「よっっしゃー!」と叫ぶ(同感)、その次の瞬間、カメラが捕らえたのは!

続きを読む


McLaren Honda [モータースポーツ]

既報のとおり、2015年からということで落ち着いた。
2014年のマクラーレン・メルセデスが心配・・・(2013年もだけど・・・)

McLaren Honda
どうせなら市販車も作って欲しい
MP4-12に
McLaren MP4 12.jpg

あ、こっちじゃなくて[あせあせ(飛び散る汗)]

こっちに、Honda_F1パワーユニット載せちゃって!
mclaren-mp4-12c.jpg

欲すぅぃー[exclamation×2]

キター パート2 [モータースポーツ]



発表は今日、16時かららしい。

でも、しかし、この時期ってことは、来年から?かも?
メルセデスが1年だけエンジン貸してくれるとも思えないし・・・
マクラーレンとメルセデスが関係よくないらしいし、この発表がされちゃうと余計ねぇ・・・って思うのが普通でしょ

よい流れではないでしょうか [モータースポーツ]

http://as-web.jp/news/info.php?c_id=8&no=44940

なかなか、斬新な試みで、よろしいかと!
6月30日の仕掛け人(の一味)としては、よくぞここまで広がりました!と胸を張りたい気分です(今は全くの部外者です)
ま、こっちの対決はノンタイトルなので、どっちでもいいかと・・・心情的には#41で!



ところがどっこい、
あっちのほうは負けるわけにいかないっ!!!

負けてもらっては困るので、見に行かない(願)

2部からのホーム不敗記録も更新中だしね。

引き分けもダメだから見に行かない(懇願)
前の10件 | 次の10件 モータースポーツ ブログトップ