So-net無料ブログ作成
検索選択

ビーバークリーク FIS World Cup Alpine 04/05 [スキー]

「私をスキーに連れてって」に端を発したスキーブームは一体どこへ行ってしまったのだろうか?(どんな映画か見たことはないので知らない。)マスメディアにもなかなか取り上げられなくなった。特に、アルペンといわれる「普通のスキー」は尚のこと。スノーボードにその人口を奪われたにせよ、ゲレンデ・スキー場は同じ場所なのだから、スノースポーツを楽しむ人たちの数がそう変わらなくてもいいはず。モーグルや、スノーボードのフリースタイルはまだいい。「普通のスキー」は・・・。
そんな中、救世主が現れた。2003年1月スイスのウェンゲンで記録された「2位」は日本人の記録としてはタイ。3位表彰台としても史上4人目。
スキーはここ数年で、革命的な変化を遂げ、テクニック(滑り方)も変わった。それまでタブーとされてきた滑り方でさえ、有効になる、といった具合に。それをさらに卓越した、超人的滑りを披露する彼。カッコイイ。
10月24日に開幕したFISワールドカップアルペンスキーの04/05シーズン12月のビーバークリーク(アメリカ・コロラド州)で全種目開幕。そのスラローム開幕戦で、我らが日本勢、佐々木明は1本目の悪ふざけがありながら12位。よくもなく悪くもなく・・・。一方、新潟県出身の皆川賢太郎は35番スタートから18位で復活の狼煙!
優勝は、ベンジャミン・ライヒ(オーストリア)。しかし、上位は安定して速い。順位の入れ替えはあるにせよ、顔ぶれはほぼ同じ。ボディ・ミラーは相変わらず!次に期待?


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 2

nicolson

はじめまして
大学で競技スキーやってたんで、FISという単語につられてついついのぞいてしまいました。
ウインタースポーツも月9の影響で少しでも盛り上がればいいですよね(見てないからよく知らないけど)
とか言いつつ、私も引退してからはほとんど雪山には行ってません・・・
使うエネルギーとお金が半端じゃないですからねぇ
by nicolson (2004-12-14 19:39) 

kph

コメントありがとうございます。自分は競技はやりませんが、今は競技用も扱いやすくなったこともあり、板と滑りはスラローマーのマネをしています。男子スラロームの放送があるたびに私見のレポートを追加しますので、是非ご覧ください。
by kph (2004-12-23 16:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。